ヒロセ技研株式会社ROROシリーズ
S-10S-10S-50S-50S-140S-140HSトラスHSトラス

チャック&スティフナージャッキチャック&スティフナージャッキ
会社案内会社案内求人案内求人案内リンク集リンク集お問い合わせお問い合わせ

環境・道路騒音対策事業環境・道路騒音対策事業コンスパン工法コンスパン工法
トップページ | 製品案内 |チャック&スティフナージャッキ |


PRODUCTS INFO
製品案内(支保工):チャック
H鋼同士や、RöRo材とH鋼との固着を迅速に行うことができます。



H鋼の穴明・溶接が不要

・母材を傷付ける事無くH鋼同士ならびにRöRo材とH鋼との迅速な固着が可能です。狭小な箇所にもご使用頂けます。

掴み代
・可能掴み厚さ16mm〜55mm。(特注ボルトの使用で70mmまで。)
・可能掴み深さ25mm。

軽量で丈夫です
・1ヶ当り2kgと軽量で、摩擦力による固着方法でH鋼をしっかりとつかみます。溶融亜鉛メッキによる防錆加工で長期間のご使用にも耐えます。



写真1.チャック  図2.チャック寸法

PRODUCTS INFO
製品案内(支保工):スティフナージャッキ
支承部のH鋼ウェブの補強や、荷重の偏心対策に最適です。



取り付け部のプレート加工・溶接・修理が不要

・集中荷重の加わる支承部に用いる、スティフナープレートの代わりになりますので、溶接やプレートの加工を行う必要が無くなります。

様々なH鋼サイズに取り付け可能です
・25SJ(重量3.4kg)、30SJ(重量4.2kg)、SJ台座(重量6kg)の3商品がございます・
・25SJ…H-200〜H-250のH鋼に対応。SJ台座と組み合わせるとH-500に対応します。
・30SJ…H-300〜H-400のH鋼に対応。SJ台座と組み合わせるとH-594に対応します。
・許容鉛直耐力は25SJ、30SJ、SJ台座ともに167kN(17tf)です。



図1.スティフナージャッキ寸法  図2.スティフナージャッキの取り付け要領
写真3.25SJ(左)と30SJ(右)  写真4.SJ台座
写真5.スティフナージャッキとSJ台座の組合わせ 
チャック、スティフナージャッキの施工例 写真6写真7写真8

製品案内

仮設支保工
 > S-10
 > S-50
 > S-140
 > HSトラス
 > ロロ・仮設桟橋・構台工法

環境対策
 > L型プレキャスト低層遮音壁
「美サイレント」

 > ポーラス・コンクリート吸音板
「ハイ・サイレント」

 > 金属製低層遮音壁
「アル美サイレント」

アーチ・カルパート橋
 > コンスパン工法

プラロード
 > プラロード

ダウンロード

マニュアル
 > S-50

部品一覧
 > S-10
 > S-140
 > HSトラス
 > チャック&スチフナーJ
 > 吸音板
 > コンスパン

地図データ
 > 福崎工場(大阪)
 > 東京工場(千葉県印西市)
 > 熊本工場(九州)
↑ このページのトップに戻る 

(c) Copyright 2003 HIROSE GIKEN CO., LTD. All rights reserved.